共創スクエア

売れるを考えるテリア

サモア航空 体重別運賃に世界が注目

2013/12/13
共創スクエア

南太平洋にある島国サモア。この南国の楽園にある小さな航空会社が世界の注目を集めています。
サモア航空は2012年11月に新い運賃体系を導入。
運賃を乗客の体重と荷物の重さに基づいて決定するということです。

「太っている乗客の差別と取られかねないのでは」との心配もありましたが、
乗客の反応は上々とのこと。

このサモア航空は、2012年に創業。
小型のプロペラ機によるフライトで、
座席数10席の2便と座席数4席の1便のみが運航。
とても小さな航空会社です。

体重をベースにした運賃体系は世界初ということで、
世界中から注目されるようになりました。

サモア人の8割が肥満体質という国だからこそ受け入れられたのでは。
小型機だから導入できた運賃体系では。

などの見方もありますが、
今後、他の航空会社でも徐々に検討が進んでいくかもしれません。

ほとんどの航空会社では、
運賃体系は座席数をベースに計算しています。

乗客がいくつ座席を使ったかで金額が決まる仕組みです。

しかし、よくよく考えてみると、
太った乗客と、痩せている乗客とで運賃が同じと言うのは
言われてみれば不公平な感じがします。
座席ベースの運賃は、航空会社の事情による押しつけとも思えてきます。

今回のサモア航空の新しい運賃体系は、
航空業界に新しい風を吹き込むかもしれません。


共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information