共創ワークショップ

株式会社 L.E.H

改革の意思を示し、信念を貫く - 「楽天監督人事で考える、これからのリーダーシップ」

トップ・コンサルタントに聞く

代表 神谷 昌義

共創ワークショップ
楽天の三木谷オーナーは周囲の反対を押し切り、トップダウンの人事で、楽天ゴールデンイーグルスの監督に大久保博元2軍監督を指名しました。過去の不祥事やスキャンダルがあるものの、監督代行としての実績を評価して決断したものと思われます。

このような、多少問題はあるが結果を出せる人物をトップに据える様な人事は、プロ野球だけでなく、企業経営でも見られる光景です。

今回の楽天新監督人事を機に、これからの企業におけるリーダーシップの在り方について、専門家の方々に聞きました。

今回は、株式会社L.E.H 代表の神谷昌義さんからの回答をご紹介します。
【ビズテリア経営企画 編集部】

改革の意思を伝えた三木谷社長

今回の楽天監督人事における、三木谷社長の決断は、勇断ともいうべき、素晴らしき決断だったのではないでしょうか? 言い方を変えるならば、組織改革の意思をはっきりと示す決断ともいえるのかもしれません。

リスクを避け、安全に改革・改善を進めようとしながらも、結果的に毎年同じように、改革・改善を訴えているような、旧態依然のやり方ではなく、 何が起ころうとも、リーダーとして、責任のすべてを自分が引き受ける!ということをしっかりと示す姿勢があるからこそ、組織全体にも、改革の意思が伝わるのではないでしょうか?

もちろん、決断に正解も間違いもありません。何よりも、三木谷社長は、それをわかっているからこそ、この決断が出来たのでしょう。

能力を見据えて、未来の可能性にかける

三木谷社長のもっとも素晴らしいところは、大久保監督の過去の過ちではなく、それらを踏まえて 未来の可能性ということに注目できていること。しかも、何ら根拠がなかったわけでは無く、2軍での監督経験実績をはじめ、星野前監督が体調不良による、1軍での監督代行経験を踏まえ、あくまでも、大久保氏の能力を見据えているからこその人事ともいえるでしょう。

多くの反対がありながらも、ぶれずに信念を貫こうとする姿こそが、真のリーダシップと呼べるかもしれません。

また、このようなリーダーのもとに信頼を受ける部下にあたる、大久保氏も、この信頼を決して裏切れない!という並々ならぬ決意とともに、結果で返すようになるかもしれません。

果たして、来年度の楽天はいかに。。。

■この記事についてのお問い合わせ
株式会社 L.E.H
共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information