共創ワークショップ

税のテリア

法人税下げの検討状況。甘利経済再生相 コメント

2014/01/24
共創ワークショップ
法人税と国際競争力
企業立地を支援する税制になるでしょうか。
24日、甘利明経済再生担当相は、閣議後の記者会見で、
法人税の実効税率の引き下げについて、
「政府税調や与党税調と綿密な連携をとりながら取り組む課題」とコメントし、
政府独断での判断はしない方針を示唆しました。

昨年末の発表された、2014年度税制大綱では、
復興特別法人税の1年前倒しでの廃止が決定しましたが、
法人税については引き続き検討するとして、先送りされていました。

この4月には消費税が8%へアップしますが、
この年末にかけて10%へのアップの判断がされる見込みです。

その検討過程の中で、法人税の実効税率も、
政府、政府税調、自民党税調との間で激しい駆け引きが予想されます。

2013年1月に財務省が発表した資料によると、
現在、日本の法人税の実効税率は、35.64%。
これに対して
中国は25%、
韓国は24.2%、
イギリスは24%
と低く、

国際的に見て日本の法人税は高い状況があります。

企業立地の促進には、法人税の実効税率を大きな影響を与えますから、
今後の日本の国際競争力を考えていく上で、
法人税の検討状況は注視していく必要があるでしょう。

法人税実効税率の国際比較


■この記事についてのお問い合わせ
税のテリア
共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information