共創ワークショップ

「社名の由来」

アイエスコンサルティング

 

共創ワークショップ
社名であるアイエスコンサルティングのアイエス(IS)は、Interest Sensitive という言葉から来ています。

直訳すると「金利に敏感な」という意味になりますが、創業当時、人気のあった金融商品でIS終身保険の解約返戻金にちなんで、「少しずつ向上出来れば良い」と言う事で名づけました。

急拡大するのではなく、着実に結果を積み上げて行きたいとう想いから来ています。

私達がお客様を支援するのは一過性のものではなく、むしろ、将来に渡って継続した安心感を与えなくてはなりません。
そのためには「少しずつの向上」が重要なキーワードだと考えています。私達にとってもお客様にとっても。

アイエスコンサルティングはお客様の生涯のパートナーとして、お客様の人生設計を支えて行きたいと考えています。

■この記事についてのお問い合わせ
(有)アイエスコンサルティング
共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information