共創スクエア

売れるを考えるテリア

「絶対的な自信をつくる方法」(森川 陽太郎)で結果を出す

2014/07/08
共創スクエア


経営改革に取り組もうとしている企業は多いでしょう。
新規事業を始めようとしている会社も少なくありません。

アベノミクスにより、景気回復の兆しが見え始めている中、
各企業も自身の成長戦略を模索し始めています。

その中で、次の成長を実現しようと、
経営戦略を練り、事業計画を考え、新しい収益機会を見つけようとしています。

しかし、どんなに素晴らしいビジネスプランも、
計画倒れになってしまうことが多々あります。

それはなぜでしょうか?

緻密な分析や、大胆な仮説を打ち立てても、
それを「売上」という結果が出るまでやり抜かなくては
ビジネスとしては意味がありません。

この「やり抜く」ために必要なことは、
戦略論や技術論ではなく、
担当者のモチベーションや精神力、
つまり心の内にある問題です。

今回ご紹介する本は、
このようなメンタル面において参考になる一冊です。

「絶対的な自信をつくる方法」の著者、
森川陽太郎さんは、プロゴルファーの横峯さくらさんを始め、
数々のトップアスリートのメンタルトレーニングを行ってきた方です。

これはスポーツ選手だけでなく、
企業のビジネスシーンにおいても適用可能とのこと。

メンタルトレーニングと言うと、
何か精神力を鍛える修行のようなことをイメージしがちですが、
森川陽太郎さんが提唱しているのは、

「ありのままの自分を受け入れる」
ということだそうです。

「やり抜く」こととは真逆のような感じがしてしまいますが、
むしろ自分の弱さを受け入れることが、
成功につながるとしています。

このトレーニング手法で、
横峰さくら選手はスランプから脱出することができたそうです。

ビジネスでも、中々結果を出せないときがあります。

「戦略は間違っていない」
「方向性は正しいはず」

そう思えても、それに結果が伴わず、
焦りだけが大きくなってしまう時があります。

そんな時に、この「絶対的な自信をつくる方法」は、
あなたの経営戦略を心の内側で支えてくれる一冊になるかもしれません。


絶対的な自信をつくる方法---「OKライン」で、弱い自分のまま強くなる

共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information