共創スクエア

ローズマインド株式会社

iPhone6がヘッドワークを進化させる! 「動くオフィス」、「どこでもオフィス」が可能に

トップ・コンサルタントに聞く 「iPhone6で業務は変わる?」

代表取締役 香川 哲

共創スクエア
iPhone6の発売が注目されています。これまでの機種よりもディスプレイが大きく、また、さらに薄幅になったことも特徴的ですが、それ以外にも、ディスプレイの解像度、カメラ、ワイヤレス接続、セキュリティ、iOSなど、様々な点に改良が加えられています。

今回のiPhone6に限らず、スマートフォンは既にビジネスシーンの様々な場面で活用されています。今後、業務の中で、どのような活用のされ方が考えられるのか。専門家の方々に聞きました。
今回は、ローズマインド株式会社 代表取締役の香川哲さんからの回答をご紹介します。
【ビズテリア経営企画 編集部】

画面が小ささが物足りなかったiPhone5

これまでのiPhone5は、外出の多いビジネスマンのフットワークを良くしてきました。

私もコンサルティングという仕事がら、客先や業界団体、公的機関などによく出かけます。その時には業務内容によってパソコンも持参します。

しかし、パソコンを持ち歩くのは苦になることがあります。iPhone5はいつも持っていますが、画面が小さいので物足りなさを感じていました。そんな時に画面の大きいiPhone6が発売されたので、「シメタ!」と思いましたね。

ヘッドワークの良さも発揮できるiPhone6

外部からメールで送られてきた添付資料を開いて見るのには、iPhone5は画面が小さいのです。iPhone6であれば、ストレスなく資料を見ることができます。

外出先で資料を見ながら、これからの作戦を練ることもできます。まさに「動くオフィス」、「どこでもオフィス」になります。

これからはフットワークの良さだけでなく、ヘッドワークの良さを発揮できるようになります。画像も大きく鮮明になるので、客先へのプレゼンテーションにも使えますよね。

今後のビジネスの効率化を可能にするツールです。

出先でのビジネスシーンでは、パソコンとスマートフォンを併用することが多かった様ですが、画面の大きなiPhone6によって、これまでのパソコンの多くの役割がスマートフォンに移行するかも知れません。
【ビズテリア編集部】
■この記事についてのお問い合わせ
ローズマインド株式会社
共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information