共創ワークショップ

株式会社イニシア・コンサルティング

優秀な人材が携わる泥臭い業務に本当の強みがある

会社の本当の強みを知る方法

代表取締役社長 丹生光

共創ワークショップ
事業計画や経営戦略を考える際に、「自社の強みを活かして」ということがよく言われています。しかし、「御社の強みは?」と改めて聞かれると、明確に答えられない経営者は意外と多いのではないでしょうか。また、同じ質問を従業員にすると、人によって答えがバラバラということもよくあります。

「自社の本当の強み、競争力の源泉となっているものが何なのか」
「それを知るためには、どのようなことが必要なのか」
各専門の方々に伺いました。

今回は、株式会社イニシア・コンサルティングの丹生光さんからの回答をご紹介します。
【ビズテリア経営企画 編集部】

自社の本当の強みを知る方法は2つあります。

冷静かつ客観的な外部との比較

1つ目の方法は、外部と比較してみて明らかに世界一だと思える分野を「強み」と理解するやり方です。これは一見簡単な様ですが、これをちゃんと出来ている企業は多くありません。普段、会社の中にいて「これが強みだ」と思っていても、それを冷静に客観的に他社と比べてみると、違った分野が浮かび上がってくる場合があります。

優秀な人材の携わる業務と泥臭い業務の共通部分

そして2つ目の方法は、内部から見て自社の最も優秀な人材を最も泥臭い業務に投入している分野です。優秀な人材が配置されている業務と、泥臭いと考えられている業務とを見比べて、これらが重なっている部分が「強み」と捉えるやり方です。

ここで言う「泥臭い」業務は、就職説明会などでこの業務を知った学生が応募をためらってしまう程の泥臭さです。そこに最優秀な人材を投入していれば、それが間違いなく、自社の強みと言えるでしょう。

「泥臭さ」が本当の強みを知る上で重要というのは意外でした。しかし考えてみると、この「泥臭さ」の陰には、組織として長年培ってきた知識や経験、ノウハウと言った目には見えない資産が蓄積されていそうです。そして、それはその泥臭さの故に他社は簡単に真似はできず、自社の本当の強みと言えるのではないでしょうか。
【ビズテリア編集部】
■この記事についてのお問い合わせ
株式会社イニシア・コンサルティング
共創ワークショップ
組織進化の力を引き出す様々な人材開発メニューを紹介
株式会社イニシア・コンサルティング
中期策定にビジョン・ストーリーテリングのすすめ
株式会社イニシア・コンサルティング
ブランドで企業は生まれ変わる
株式会社イニシア・コンサルティング
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information