共創ワークショップ

ユーアンドミークリエイト株式会社

意見しやすい雰囲気を作り、周囲に耳を貸す - 「これからのリーダーシップ」

楽天監督人事で考えるリーダーシップ

代表取締役 古賀 弘規

共創ワークショップ
楽天の三木谷オーナーは周囲の反対を押し切り、トップダウンの人事で、楽天ゴールデンイーグルスの監督に大久保博元2軍監督を指名しました。過去の不祥事やスキャンダルがあるものの、監督代行としての実績を評価して決断したものと思われます。

このような、多少問題はあるが結果を出せる人物をトップに据える様な人事は、プロ野球だけでなく、企業経営でも見られる光景です。

今回の楽天新監督人事を機に、これからの企業におけるリーダーシップの在り方について、専門家の方々に聞きました。

今回は、ユーアンドミークリエイト株式会社 代表取締役の古賀弘規さんからの回答をご紹介します。
【ビズテリア経営企画 編集部】

周囲の意見に耳を貸す

楽天の人事は一見すると、三木谷オーナーの独断で行われたように思われますが、私はそうは思いません。しっかりとした調査、将来性、そして可能性。こういったものをブレーンと一緒になって検討した結果の結論。これからのリーダーに必要なのは周りの意見にしっかり耳を貸しつつ、方向性を見極める力ではないでしょうか。

企業経営においても同じことが言えるでしょう。特に重要なのは次の2点です。

部下の意見を受け止めるスキル

まず第一はリーダーが部下の意見を素直に受け入れる、ということです。自分の思いと違う、逆のことを言ってもそれを受け止める姿勢が大事です。

これは松下幸之助さんがとても長けていたと聞いています。部下の提案を否定せず、素直に受け入れ耳を貸しその上でトップ判断をしていたとか。これは時代を超えて必要とされるリーダーのスキルだと私は思っています。

雰囲気作りで信頼関係を醸成

その次に必要なのが、意見をしやすい雰囲気作り。これは信頼関係と言ってもいいでしょう。思いを素直に言える関係性をいかにしてリーダーが作るか。そのために日々のコミュニケーションの取り方も重要になっていきます。

他にも重要なことはありますが、まずこの2点を抑えることが必要不可欠です。

■この記事についてのお問い合わせ
ユーアンドミークリエイト株式会社
共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information