共創スクエア

売れるを考えるテリア

ローソン、過去最高益を予想。背景には新業種への転換

2014/04/10
共創スクエア
ローソンは2015年2月期の連結営業利益が
750億円の過去最高益になるとの業績予想を発表しました。

同社の2014年2月期の業績は、連結営業利益681億円。
4月からの消費増税により消費の冷え込みが懸念される中、
同社は、さらに業績が向上するとの強気の予想をしています。

景気の腰折れはないと考えているからでしょうか。

もちろん、そういったマクロ経済の予想もあるでしょう。

しかし、それ以上に、新サービスを展開することで、
消費者ニーズを高められるとの読みがあるのだと思います。

同社では従来のコンビニのスタイルとはちがった、
店内で調理を行う「まちかど厨房」を積極的に展開しようとしています。
これは飲食店と一部競合する可能性がある分野です。

また生鮮野菜を提供するためにローソン・ファームも拡大中です。
これは、食品スーパーとの競合がありそうです。

このように、これまでのコンビニエンスストアの要素も持ちつつ、
加えて、飲食店やスーパーの機能とも融合して、
新しい形態の業種へ転換を図ろうとしています。

新しい業種や市場を作りだすことができれば、
一般的には消費が冷え込むような状況があったとしても、
事業拡大を図ることがでしょう。

ローソンの強気の予想の裏には、そのような業種転換の戦略が見え隠れしています。

共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information