「働き方改革」社内展開プラン 共創ワークショップ

株式会社ポーラ

株式会社ポーラのダイバーシティ経営の取り組み

全ての女性社員が活き活きと働ける職場に

人事部 ダイバーシティ推進チーム 課長 齋藤明子

「働き方改革」社内展開プラン 共創ワークショップ

第4回ビズテリア・フォーラムに、株式会社ポーラ人事部のダイバーシティ推進チームの責任者である、齋藤明子氏にお越し頂き、同社のダイバーシティ経営の取り組みをご紹介して頂きました。戦前から女性の活躍の場を提供し続けている企業の話は大変興味深いものがありました。

その時の様子をお伝えします。

【ビズテリア経営企画 編集部】
株式会社ポーラ ダイバーシティ推進チーム 齋藤明子

私達、株式会社ポーラは、経済産業省が主催する 「平成 26 年度ダイバーシティ経営企業 100 選」(経済産業大臣表彰)を受賞しています。

今日は、その辺の経緯と、今後の当社のダイバーシティ経営に向けた取り組みについてご紹介したいと思います。

ポーラは化粧品の会社です。1929年に静岡で誕生致しました。この頃は第一次世界大戦の戦後不況や震災恐慌の影響が残る時代で、政治的にも経済的にも非常に混乱した時代でした。

最初は男性の社員が商品を販売していましたが1937年にポーラレディ(現在のビューティーディレクター)が誕生し、現在は13万人もの体制となっています。下は10代後半から、上は100歳までのスタッフが在籍して、定年のない働き方を提供できています。

1970年代から幹部候補としての女性採用にも力を入れています。その結果、マネジメント層でも女性が活躍するようになりました。

当社は現在、訪問販売というスタイルから、ポーラ ザ ビューティーというブランドで店舗販売のスタイルに変わりつつあります。この変革を推進していたのも女性の役員でした。

またAPEX(アペックス)という商品ブランドがあるのですが、これはシステム的に非常に複雑で大規模なことが必要だったのですが、これを推進したのは当時の女性リーダーでした。

このような経緯があるので、女性の活躍と自己実現を長らく提供し続けてきた会社だと自負しております。また他社に比べて、女性が働くということが「当たり前」の会社になっているとも考えています。

これからも全ての女性社員が活き活き働けるために、育児と両立できる働き方の推進、各種の育成プランの立ち上げなど職場環境の改善を進めて行こうとしています。

今年度から、育休や時短、フレックス休暇、介護休暇などの年数を3年から2年に短縮しました。優秀なスタッフに早く戻ってきてもらいたいからです。早く職場復帰したスタッフには、最大5万円の復帰サポート手当を始めることにしました。

育児をして長期でお休みをとってもらうことだけが社員のための幸せという考え方から、キャリアを積むことに積極的になれる環境を作っていくことが社員の幸せであり、企業の成長につながっていく、という考え方でこのような取り組みを進めています。

(終わり)
「働き方改革」社内展開プラン 共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
「働き方改革」社内展開プラン 共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information