共創スクエア

税のテリア

消費の落ち込みを抑えられるか。子育て世代臨時特例給付金

2014/01/17
共創スクエア
子育て自転車
4月に行われる消費税率の引き上げによって消費が落ち込むことが懸念されていますが、
その対策として子育て世代の家庭に給付金が支給されることになりました。

厚生労働省が15日発表した、子育て世代臨時特例給付金によると、
平成26年1月1日を基準日として、児童手当の対象になっている家庭に対して、
対象児童一人につき1万円の給付になるとのことです。

子育て世代の家庭にとっては、児童手当に加えてこの臨時支給があることは、
家計を下支えすることになります。

しかし一方で、消費税は子育て世代の家庭以外も含めたすべての人に関わってくる税ですので、
国民全体での消費の落ち込みをどの程度抑える効果があるのかについては疑問が残ります。

今度の4-6月期のGDPが注目されるところです。



細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2014 (LADY BIRD 小学館実用シリーズ)


■この記事についてのお問い合わせ
税のテリア
共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information