共創ワークショップ

株式会社ホリスティックコミュニケーション

年の離れた人との関係が人を育てるマインドをつくる

専門家に聞く「管理職が育たないのは何故か」

代表取締役 臨床心理士 豊田直子

共創ワークショップ
最近、「管理職が育たない」という悩みを口にする経営者が増えています。年々、企業間競争が激しさを増す中で、管理職ポジションの重要性が高まっていますが、肝心のマネジメントを行える人材が育っていないことが多くの企業の喫緊の課題となっています。

そこで、多くの企業において、組織の要とも言える「管理職」を担う人材が何故育っていないのかについて、専門家の方々に聞いてみました。

今回は、株式会社ホリスティックコミュニケーション 代表取締役で、臨床心理士でもある豊田直子さんからの回答をご紹介します。
【ビズテリア経営企画 編集部】

人を育てるマインド

臨床心理士としての立場から回答させて頂きます。管理職が人を育てる人だと言うスタンスで考えると、人を育てるマインドは、年齢の異なる人たちとともに過ごす経験が不可欠です。

学齢期において、大人が介在しない先輩後輩関係やお兄ちゃんお姉ちゃんと弟妹関係を経験すると、下の者はどんな気持ちを持っているか、上になればどうする必要があるかを自然と覚えます。

年の離れた人との関係が、親や学校の先生以外とほとんど経験しないため、気持ちの中で、人と関わる喜びとか達成感を持つことができないと思われます。どうすればいいのか、頭で考えるので気疲れしてしまうのだと思います。

人との関わり、達成感

まずは人と関わることの楽しさや達成感を味わう機会を若い時期に増やすこと、後輩を育てる機会を上司が関与しない形でつくることが必要だと思います。

■この記事についてのお問い合わせ
株式会社ホリスティックコミュニケーション
共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information