共創ワークショップ

柿生キリスト教会

互いに愛を持って支え合う - 「社員のやる気を高める方法」

キリスト教の立場から見た組織の在り方

牧師 山守博昭

共創ワークショップ
最近、「ブラック企業」と言われる言葉に代表されるように、労働環境の悪化がクローズアップされるようになりました。つい先日も、「たかの友梨ビューティクリニック」の社長の発言が問題となったばかりです。しかし一方で、ギリギリのコストで経営している企業も多く、やすやすと賃上げや労働時間の短縮には応じられない現状もあります。このような経営環境の中、どのように社員のやる気やモチベーションを高めたらよいか、専門家の方々に聞きました。

今回は、柿生キリスト教会 牧師の山守博昭さんからの回答をご紹介します。
【ビズテリア経営企画 編集部】

互いに支え合う

「互いに支え合う」という視点が大事です。経営陣と従業員の関係においても、また従業員同士の関係においてもです。 組織全体として「支え合う」関係があることで、一人ひとりのやる気も高まって行くと思います。

経営者が従業員を支える関係だけでは不十分です。従業員が経営者を支えるという関係だけでも不十分です。

組織内の人間関係には上司と部下の関係、部下と上司の関係、仲間同士の関係など様々ありますが、これら全てにおいて、「互いに支え合う」ということを目指すべきでしょう。その結果として、「社員のやる気を高める」ということが達成されるはずです。

キリスト教の立場から見た組織の在り方

キリスト教では、「互いに愛を持って支え合いなさい」という教えがあります。これは、この世界を作られた神が私達人間を無条件に愛して下さっているという事実を受けて、私達人間も「神を愛し、隣人を愛さなくてはならない」ということを意味しています。

「最終的に神と人とが一つとなる」という究極の目標に向かって行くプロセスの中で、「互いに支え合う」ことの重要性が説かれています。

そのためには、経営者が従業員に「私を愛しなさい」と言ってもダメですし、反対に、従業員が経営者に「私を愛して下さい」と言ってもダメです。

まず自らが相手を愛すること、即ち、経営者は従業員に対して、従業員は経営者に対して、相手のことを想い、相手に寄り添っていこうとすることが大切です。

平等の愛で考える

しかし、「あんな奴のことを愛する」なんてできない、と思ってしまう事もあるでしょう。

神は経営者や従業員も含めて全ての人間を平等に愛しておられます。「あいつはひどい奴」と思える様な相手でも、神はその人もあなたも平等に愛しておられるという事実を考えた時、自分もその人を愛さなくてはと考えることができるのです。

「互いに支え合う」という視点で組織変革を進めていけば、会社をより良いものに変えて行くことができるでしょう。

■この記事についてのお問い合わせ
柿生キリスト教会
共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information