「働き方改革」社内展開プラン 共創ワークショップ

売れるを考えるテリア

不合理 誰もがまぬがれない思考の罠100(スチュアート・サザーランド)

2013/11/25
「働き方改革」社内展開プラン 共創ワークショップ

私たちは自分が愚かな判断などしていないと考えています。
むしろ、いつも正しい判断をしていると思っています。

物事を
論理的に、
客観的に、
時には科学的なデータに基づき、
そして冷静に、落ち着いて
判断していると思っています。

しかし、その判断は、実はあてにならないものかも知れません。

「不合理 誰もがまぬがれない思考の罠100」(スチュアート・サザーランド 著)では、
私たちがいつも正しいと思っている判断も、実は間違っていることがよくあると指摘しています。

それは、正しい判断をしようとしても、
いつのまにか事実誤認をしたり、
判断ミスをしてしまうのです。

私たちの日常には、こんなことがよくあります。

綺麗な女性を見ると、外見だけでなく、考え方、教養、性格も素敵だと思ってしまう。
割の合わない商品をつい買ってしまう。
大切なものをなくしたと時、いつも同じ場所を探してしまう。
面白くな番組を分かっていても、つい最後まで見てしまう。

これらのことは、「たまたまそうなった」と考える人がいるかも知れません。
しかし、この「不合理 誰もがまぬがれない思考の罠100」では、
私たちの判断ミスは、生まれつき脳の仕組みとして備わっているものとしています。

このことには、重要な示唆があります。
この脳の仕組みを理解して、それを逆手にとって行動できるのでは、ということです。

どんなに優れたリーダーでも、
どんなに敏腕経営者でも、
生まれながらの脳の仕組みとして、間違うことがあるのであれば、
そのことを前提としたリスクマネジメントのやり方があるということです。

人が商品やサービスを購入するときも、
最適な判断をして購入している訳ではないのであれば、
いかに、判断ミスをさせるか、という視点からのブランド戦略もあり得ます。
(もちろん、詐欺などの違法行為は論外ですが)

このように、「売れる」を考える上でも、
私たちの「あてにならない脳」を知ることは重要なことの様です。



不合理 誰もがまぬがれない思考の罠100


「働き方改革」社内展開プラン 共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
「働き方改革」社内展開プラン 共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information