共創スクエア

「社名の由来」

株式会社 エーティーエルシステムズ

共創スクエア
株式会社エーティーエルシステムズはアルファベット表記では、
ATL Systemsとなります。

これは、Application Technology Linking Systemsの略称です。



Applicationはシステムの具体的な用途を表し、
Technologyはそれを支える技術
Linkingはそれら具体的用途や技術が相互につながることを意味します。

顧客にサービスを提供していく上で、
このApplication、Technology、Linking、それぞれの意味を大事にし、
またそれらを融合することで、付加価値の高いサービスを顧客に提供して行きたいと考えています。

会社概要

名称 株式会社 エーティーエルシステムズ
設立 2008年11月4日
東京本社 〒102-0084 東京都千代田区二番町11-4ロジェ二番町1003
TEL 03-3234-8711 / FAX 03-3234-8712
甲府本店 〒400-0858 山梨県甲府市相生一丁目4番23号 日本興亜ビル3階
TEL 055-220-6456 / FAX 055-220-6458
北関東オフィス 〒360-0041 埼玉県熊谷市宮町二丁目146 飯島ビル5階
TEL 048-520-2212 / FAX 048-520-2213
代表者 代表取締役 : 佐々木康宏
資本金 2000万円
事業内容 ITソリューションの企画、アドバイザリー業務
電算業務システム全般のコンサル調査、調達支援
ネットワークシステム全般のコンサル調査、設計、構築、運用保守
Webシステム全般の企画、構築、運用保守
ホームページ http://www.atl-systems.co.jp/
共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information