共創スクエア

売れるを考えるテリア

IT人材の調達支援 インテリジェンスのアイプロワーク

2014/01/20
共創スクエア

高い専門性を持つ人材を機動的に確保したい。
こんな悩みを持つ企業は少なくありません。

特定の経営課題に対処するためにプロジェクトチームを結成しようとすると、
どうしても、専門的な人材を速やかに確保する必要が出てくるからです。

そのような中、専門人材の調達に関する新しいサービスが発表されました。
株式会社インテリジェンスの運営するアイプロワーク(i-Prowork)です。

これはフリーランスのプロフェッショナル人材をPM・コンサルタントなどのポジションなどで企業に紹介するサービスです。

プロジェクト指向の経営は、これからますます増えてくるでしょう。

経営課題に対処する目的でプロジェクトチームを立ち上げ、その解決にあたらせる。
そのチームのメンバーは、社内の様々な部署からの人材であったり、
または社外の人材であったり、
新たに採用した人材であったり、
様々です。

プロジェクトチームは、課題が解決されるまでの組織。
目的が達成されれば解散します。

経営課題は次々と現れるため、
プロジェクトチームも次々に結成され、そして解散する。
このサイクルを繰り返すことで、
企業が着実に成長していくことができます。

プロジェクト指向という新しい組織形態が求められる中、
今回、インテリジェンスが発表した、アイプロワーク(i-Prowork)は、
プロジェクトチームにおけるITの専門人材を
機動的に確保するための一助となるかもしれません。

アイプロワーク(i-Prowork)の詳細はこちら。
http://www.inte.co.jp/




共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information