共創スクエア

売れるを考えるテリア

トヨタ自動車「アクア」 新車販売 2年連続首位

2014/04/05
共創スクエア
トヨタ自動車 小型ハイブリッドカー 「アクア」 最も売れた新車は2年連続でトヨタ自動車の小型ハイブリッドカー「アクア」でした。

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した、
2013年度社名別新車販売ランキングによると、
1位がアクア(トヨタ)、2位がプリウス(トヨタ)、3位がN-BOX(ホンダ)で、
いずれも2年連続で同じ順位をキープしています。

1位から10位を見ると、ハイブリッド車と軽自動車がランクインしていますが、
維持コストの安い車に人気が集中していることが分かります。

順位社名(メーカー)販売台数
1位-アクア(トヨタ)259,686
2位-プリウス(トヨタ)251,915
3位-N-BOX(ホンダ)225,900
4位フィット(ホンダ)217,100
5位ムーヴ(ダイハツ)193,672
6位タント(ダイハツ)180,590
7位ワゴンR(スズキ)180,029
8位ミラ(ダイハツ)164,027
9位デイズ(日産)139,810
10位スペーシア(スズキ)138,469
※は軽自動車
共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information