共創ワークショップ

「社名の由来」

株式会社サカタのタネ

 

共創ワークショップ

「サカタのタネ」の社名の由来

創業時の社名は「坂田農園」でしたが、その後「朝日農園」「坂田商会」「坂田種苗」と変遷を重ねてきました。

現在の社名「サカタのタネ」への変更が議論されたのは、1985年、「坂田種苗」時代のこと。「種苗(しゅびょう)」は一般の人には分かりづらく、またこの頃東証2部上場の計画があったため、世間に事業内容を広く、明快に理解してもらう必要がありました。

一度聞いただけで何の会社かすぐに分かるような社名に変えた方がいいのではないか。

当時社名をカタカナと平仮名のみで記すことは、役員会でも侃々諤々の議論がありましたが、1986年に、それまでブランドとして使われていた呼称をいかした「サカタのタネ」に決まり、現在に至っています。

何よりも品質を第一に考える経営

当社には「社是」と「経営理念」があります。

当社の社是は「品質、誠実、奉仕」の3つの言葉から成っています。その中で第一に標榜しているのが、「品質」。タネは見た目ではそのよしあしはわかりません。お客様が栽培してみて、初めて分かるものです。そのため、当社のタネを買っていただくには「信用第一」が何より大切です。常に高品質のタネを供給し、お客様に安心して、信用して使っていただくために、創業以来この「品質」を社是の第一におき、実践しています。

また経営理念は、次の2つです。会社繁栄のためには、これら三者がともに喜び、栄えることが必要と考えています。

 三者共栄・・・顧客、取引先、当社の共栄
 三位一体・・・社員、経営者、株主の相互繁栄

  • サカタのタネ本社
  • 世界で約60%のシェアを誇るブロッコリー
  • ヒマワリの一押し品種、「ビンセント」シリーズ

会社概要

名称 株式会社サカタのタネ
(英語表記 SAKATA SEED CORPORATION)
本社所在地 〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台2-7-1
創業 1913年7月
上場 東証第1部
資本金 135億円
代表者 代表取締役社長 坂田宏
事業内容 1.種子・苗木・球根・農園芸用品の生産および販売、書籍の出版および販売
2.育種・研究・委託採種技術指導
3.造園緑化工事、温室工事、農業施設工事の設計、監理、請負
URL http://www.sakataseed.co.jp
共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information