共創ワークショップ

売れるを考えるテリア

非常食が売れています。 アルファ米の五目御飯など

2014/01/05
共創ワークショップ

非常食が美味しくなって、売れてるそうです。

福井新聞ONLINEが最近の非常食のトレンドについてレポートしています。

それによると、東日本大震災以降、非常食自体を求める需要は高まっていましたが、
それに加えて味が大幅によくなっているとのことです。
売上が10倍になっている事例もあり、好評の様です。

私自身も、非常食の五目ごはんを食べたことがあります。
皿のパックにアルファ米と具材が入っていて、そこに水を注ぐと、
五目御飯として食べることができるものです。

非常食ということで、味を期待していませんでしたが、
実際に食べてみると、
その辺のコンビニで売っているお弁当と変わらないくらいの味で、
とても美味しく食べることができました。

ここ最近は防災というのが、1つのブームにもなっています。

防災対策として非常食を買ってみる。
どうせ買うなら味にもこだわりたい。

消費者が思っていることは、そんなことでしょうか。

これから注目のマーケットかも知れません。


水だけで作れる 尾西食品 アルファ米 尾西の五目ごはん 100g × 50食分セット


共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information