共創ワークショップ

コダマ・モチベーション・コンサルティング

社員を大切に思う価値観を持つ - 「社員のやる気を高める方法」

 トップ・コンサルタントに聞く

代表取締役社長 田村 毅

共創ワークショップ
最近、「ブラック企業」と言われる言葉に代表されるように、労働環境の悪化がクローズアップされるようになりました。つい先日も、「たかの友梨ビューティクリニック」の社長の発言が問題となったばかりです。しかし一方で、ギリギリのコストで経営している企業も多く、やすやすと賃上げや労働時間の短縮には応じられない現状もあります。このような経営環境の中、どのように社員のやる気やモチベーションを高めたらよいか、専門家の方々に聞きました。

今回は、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティング 代表取締役社長の田村 毅さんから回答を頂きました。
【ビズテリア経営企画 編集部】

良い企業とブラック企業との違い

最も大切なことは、経営者が社員を「大切に思う事」です。

定着率の良い企業、元気で仲の良い企業、或いはメンタルヘルス休職者の少ない企業などのような良い会社では、総じてこの「社員を大切思う事」という価値観があります。

一方、ブラック企業と言われる様な会社では、「みなし残業、固定時間(MAX)残業」が多く、労務&労働としての対価、すなわち給与が未払いの状態で、とても社員を大切に思っているとは言えません。

経営者や経営陣の方は自社の社員をどのように見ているか、今一度自身に問いかけてみてはいかがでしょうか。

「社員は、単なる、数字を上げるコストなのか(使えるコマなのか)」
「または、赤字社員(使えないコマ)なのか」
「或いは、大切な家族と同等な、かけがえのない人なのか」

この答えによって、「社員を大切に思う」という価値観があるのか、ないのかが見えてくるはずです。また同時に、社員の人たちも自分達が経営陣からそういう風に見られていると言う事を感じているでしょう。

社員のやる気を高める3つのポイント

この「社員を大切思う事」を踏まえた上で、社員のやる気を高めるには、以下の3点がポイントになります。

1.経営陣からの声掛け、年間3回以上の上司による面談を実践する。
2.適材適所の配置。保有能力と本人の目指す方向を認識し、本人に合った業務を担当する。
3.適正な評価と、それを人事制度全般へリンクさせる。

以上を励行し、社員の物心両面を満足する仕組みを創ることで、社員のモチベーションを高めることができます。

「社員を大切に思う事」というのは、ある意味、当たり前なことの様な気もしますが、しかし、本当にそれができている企業がどれだけいるかを考えると、簡単なことではないとも言えます。また「大切にする」という意味をさらに踏み込んで考えると、「社員とは何か」、「人とは何か」と言った奥の深いテーマにもなる様な気もしました。
【ビズテリア編集部】
■この記事についてのお問い合わせ
コダマ・モチベーション・コンサルティング
共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information