共創ワークショップ

売れるを考えるテリア

中国に「親しみ感じない」、最高更新。 外交に関する世論調査

2013/11/24
共創ワークショップ

中国・韓国に親しみを感じない日本人が増えているようです。
内閣府が実施した世論調査「外交に関する世論調査」によると、
中国に親しみを感じないとする人は過去最高の80.7%になったそうです。
また韓国について親しみを感じないとする人は58%で去年より幾分下がったそうですが、
それでも、親しみを感じる人の割合を大きく上回っているとのことです。

日本人の中国・韓国に対するイメージが下がっていると同時に、
中韓両国の日本に対するイメージも下がっています。

北朝鮮の状況も含めて考えると、
今、北東アジア地域では微妙な緊張関係が続いている状態だと言えます。

このことがビジネスにどのような影響を与えるでしょうか?

日本人の韓国に対するイメージが下がったとして、
すぐにサムスンの商品は売れなくなるでしょうか?

中国人の日本に対するイメージが下がったとして、
すぐにトヨタ車は売れなくなるでしょうか?

そもそも、サムスンは韓国企業と言えるでしょうか?
サムスンの主要株主には、結構、韓国外の外国企業が名を連ねています。

トヨタの工場は中国にもあり、中国の雇用を支えている側面もあります。

経済がグローバル化すると、
企業の活動は複雑化して、
ナショナリズムの議論がしづらくなります。

つまり、ある国のイメージが下がったとしても、
ただちにその国のビジネスに影響が出るとは言えないのです。

内閣府の調査は今後の外交政策を決めるための基本情報となるものですが、
これをそのまま、私たちの日常のビジネスに当てはめても
あまり意味がないかもしれません。

今のビジネスは
ナショナリズムをもとに議論するには、
余りにもグローバル化しすぎているようです。

共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information