共創ワークショップ

売れるを考えるテリア

日銀短観で景気を見る - 企業全体に回復感

2013/12/16
共創ワークショップ
日銀短観は、日本銀行が全国の約一万社に対して行うアンケート調査で、四半期に一度行っています。
アンケート結果を集計して、ポイント化した数値である業況判断指数(DI)が景況感の目安として用いられます。

DI値がプラスであれば景気が良い。
DI値がマイナスであれば景気が悪い。
という目安になると考えられています。

区分としては、
大企業と中小企業とに分けられ、
さらに製造業と非製造業とに分けられて発表されます。

今月16日に発表された日銀短観では、

大企業(製造業)ではプラス16(4ポイントアップ)
大企業(非製造業)ではプラス20(6ポイントアップ)
中小企業(製造業)ではプラス1(10ポイントアップ)
中小企業(非製造業)ではプラス4(5ポイントアップ)

(上記の括弧内は前回調査からの増減)

となっていました。

これを見ると、大企業の方が中小企業より景気が良いと、
製造業より非製造業の方が景気が良いと
感じている企業が多いことが分かります。

また製造業の中小企業の景況感が急速に改善していることも分かります。

こうして見ると、景気回復のマインドが企業全体に浸透していると言えそうです。

共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information