共創ワークショップ

有限会社ウイン

iPhone6で建設業界のIT化が進む - 時間コストの削減、間違いの防止、品質向上

トップ・コンサルタントに聞く

取締役・経営士 出口経尊

共創ワークショップ
iPhone6の発売が注目されています。これまでの機種よりもディスプレイが大きく、また、さらに薄幅になったことも特徴的ですが、それ以外にも、ディスプレイの解像度、カメラ、ワイヤレス接続、セキュリティ、iOSなど、様々な点に改良が加えられています。

今回のiPhone6に限らず、スマートフォンは既にビジネスシーンの様々な場面で活用されています。今後、業務の中で、どのような活用のされ方が考えられるのか。専門家の方々に聞きました。
今回は、有限会社ウインの取締役で、工務店・ゼネコン専門の経営士をされている出口経尊さんからの回答をご紹介します。
【ビズテリア経営企画 編集部】

IT化の遅れている建設業界

建設業界はIT化が遅れていると言われている業界です。出先や建設現場において業務を行うためPCを使える環境は事務所などに限られています。また専門の協力業者があって成り立っている業界でもあり、驚くほど電話・FAX・メールのやりとりが多く、その確認作業でかなりの時間を費やしています。

しかしスマートフォンの普及が進み、また今回のiPhone6によってさらにバッテリー、防水、画面サイズ等の条件が整ってきていることで、この業界でのIT化も進んでいくと思われます。

iPhone6が業界のIT化を後押し

このIT化によるメリットは主に次の3つがあるでしょう。

 ・移動、確認作業に伴う時間の削減
 ・効率を上げることで深刻な人手不足に貢献
 ・OB客のデータストックでクレーム時に素早く対応。

このようなメリットの結果、残業が減って一人当たりの担当する現場を増やすことができるかもしれません。また、協力業者間のスムーズな情報連携によって、これまでのような工期の遅れが減ることにつながると思います。

つまり、時間コストの削減、間違いの防止、品質向上が期待できるのではと考えます。

建設現場には、たくさんの会社が協力し合って作業を行っているようです。iPhone6の登場で、そのような現場での情報のやり取りがIT化されると、生産性は一気に上がるかもしれません。
【ビズテリア編集部】
■この記事についてのお問い合わせ
有限会社ウイン
共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information