共創ワークショップ

売れるを考えるテリア

<TPP>重要5項目に非課税枠 輸入拡大の譲歩、政府検討

2013/11/19
共創ワークショップ

年内妥結にむけたTPP交渉で、政府が妥協案の検討に入った様子です。

これまで政府は、重要5項目のうち、
影響が比較的少ないと思われる一部の品目について
自由化する線で交渉を進めようとしてきました。

しかし、アメリカを始めTPP参加国からは、
あくまで全品目の完全撤廃を強く要求されている模様です。

そこで今回、政府は全品目の自由化はするものの、
コメなど影響の大きいと思われる品目については一定量のみに非課税枠を適用する譲歩案を検討しています。

この案だと、全品目の自由化という建前は保たれつつ、輸入量も拡大します。
そしてコメや小麦などの一部品目では入ってくる輸入品は一定量に限られることで、
聖域を守ったというポーズとれる。

政府関係者はこのように考えている様です。

各国の思惑が交差する中、TPPの交渉は年末に向けて大詰めを迎えます。




共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information