共創ワークショップ

売れるを考えるテリア

迷いながら、強くなる(羽生 善治)はビジネスも強くする

2014/01/05
共創ワークショップ

将棋界のトップスター、羽生善治。
全7タイトル獲得という金字塔を打ち立てた最強棋士は「自分の頭で考えた答えが、人間を強くする」と言う。

世の中に情報があふれ返り、ネットで検索できれば欲しい情報がすぐに手に入る時代。
しかし、そのような情報を何千回、何万回、検索しても、自分自身の強さにはつながらない。

羽生善治さんは「迷いながら、強くなる」という新しい書籍を出しました。

このタイトルにあるとおり、「迷う」ということが必要なのかもしれません。

「迷う」ことは、すなわち、そこで、いろいろと「考える」ことでもあります。

自分の頭で必死に考えて、考え抜いた末に出てきた答えは、
ネットで探し出したり、他の人から聞いた答えとは
比べ物にならないくらい、価値のあるもの。
羽生善治さんは、それが「人間を強くする」と言っているようです。

将棋の世界は勝負の世界。
いかに勝つか、いかに強くなるかが問われます。

そんな厳しい環境の中で、トップの座に居続けた羽生さんならでは哲学が垣間見れます。

しかし、これは、ビジネスにも当てはまるでしょう。

いかに「売れる」か、
いかに、競合他社に抜きんでるか。

このようなことを考える時、
やはり、「迷う」ということが必要なのかもしれません。

「自分の頭で考えた答えが、人間を強くする」(羽生善治 著)は
人間を強くするだけでなく、
ビジネスを強くするための書とも言えそうです。


迷いながら、強くなる (単行本)


共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information