共創スクエア

売れるを考えるテリア

お盆休みこそ、営業のチャンス

2013/08/14
共創スクエア
今、世の中はお盆休みです。
帰省ラッシュが始まり、道路や交通機関は混雑しています。

「日ごろ一生懸命に働いているので、この時くらいは家族でゆっくりしたい。」
「旅行に行きたい。」
「友達と思いっきり遊びたい」

こんな風に思っている方が多いと思います。

しかし、です。

実は、

このお盆休みの期間中こそ営業のチャンスが潜んでいる

ことがあります。

私が以前、広告営業の仕事をしていたときの話です。

その年のお盆休みも、仕事をしていました。
普段からいろんなところに電話をかけては、広告営業のアポイントがとれる会社を探していました。

お盆休みは会社自体がお休みになっていることも多いので、
電話をかけてもつながらないことが多かったです。

しかし、中には、お盆休みにもやっている会社もありました。
何件かに1件はやっているという割合です。

「お盆に営業電話をしても、やっぱり効率わるいなー」

などと思いながら電話をしていましたが、
意外なことに気づきました。

それは、

キーマンと直接話ができる確率が高い

ということです。

その会社は、普段電話しても、受付担当の人が電話に出て、要件を聞かれ、
私が「広告営業」であることが分かると、担当者につないでもらえないケースがたくさんありました。

しかし、その会社もお盆の時期は、会社こそやってはいるものの、多くの社員がお盆休みをとって、電話の受付の人もお休みの場合があります。

そんなときにも出社してくる人の中には、意外と社長やその会社のキーマンの人がいたりします。

お盆期間中は、世の中全体がお休みモードのため、その会社の業務もそんなに忙しくなかったりします。

そんな、
多くの社員がお休みの中、
出社してくる経営者やキーマン、
そして、業務もそれほど忙しくなく、むしろ暇、
みたいな状況の会社に、

電話をすると、偶然にも、社長がでたり、キーマンがでたりすることがあります。

いつもは、忙しくて相手にしてもらえないような方でも、
意外とすんなりアポイントが取れることが結構ありました。

このことは、電話営業だけではなくて、他の営業手法でも同じではないでしょうか。

飛び込み営業や、DM送付などにおいても・・

せっかくのお盆休み。
日ごろの疲れを癒したい、ということも大事ですが、

世の中の動きを逆手にとって、
あえてこの時期に、営業をかけるというのも
意外と効果のある方法だと思います。




共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information