共創スクエア

売れるを考えるテリア

経営組織―経営学入門シリーズ(金井 壽宏 著)

 

2014/10/22
共創スクエア

組織の中からの視点で見る

「経営組織―経営学入門シリーズ」(金井 壽宏 著)は「組織の内部で働く個人の視点」から組織論のトピックスを網羅的に解説している本です。 組織を外部から見たときと、内部から見たときとでは、同じ現象であっても見えてくるものが違います。

「内部で働く個人」という視点では、自らが組織の構成要因となります。自分の周りの人たちとの関わり方が重要である一方で、組織全体を見る客観性も求められます。

そのような実際の組織に身置いた時のリアリティーの中で、参考になる一冊でしょう。

こんなレビューがありました。

モザイクの様な組織論を網羅的に解説

組織の一メンバーとして描かれているがゆえに、分かりやすい内容だった。
組織と個人のあり方について改めて考えてしまった。
この本一冊を読んでおけば組織論については問題はない。
体系的に学ぶのが難しい経営学。中でも組織論はモザイクの様であるが、本書はそれを網羅的に解説している。
本全体を通じて貫かれている視点は「組織」と「個人」との対比である。
リーダーシップ、組織文化、組織設計、組織変革など一通りのことが網羅されている。

「経営組織―経営学入門シリーズ」(金井 壽宏 著)は経営学、組織論の入門書として一度読んでみてはいかがでしょうか。

共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information