共創スクエア

「社名の由来」

セメダイン株式会社

共創スクエア
セメダインはアルファベット表記では、CEMEDINEとなります。
これは、接合剤のセメント(CEMENT)と力を表す単位のダイン(DYNE)を組み合わせた造語で、
「強い接着力をもったモノ」という意味が込められています。

というのが一般的に言われている由来ですが、
実はもう一つの意味があります。

それは、創業者の今村善次郎の強い想いから来たものです。

セメダインの創業は今から約80年前の大正時代。
当時の国内の接着市場は、イギリス製の「メンダイン」という商品が主流でした。

創業者の今村氏は、この商品に打ち勝つ意味で、
「攻め(セメ)出せ、メンダイン」という気持ちで、
セメダインという名称を思いついたそうです。


会社概要

名称 セメダイン株式会社(CEMEDINE CO., LTD.)
設立 昭和23年4月22日(創業大正12年11月)
本社所在地 〒141-8620 東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー
代表者 代表取締役社長 最高執行責任者
辻本春弘
資本金 30億5,037万5千円
主な事業内容 接着剤・シーリング材・粘着材・
特殊塗料・コーティング剤
およびその加工品の製造販売
接着および防水等に関する施工および請負
ホームページ http://www.cemedine.co.jp/
共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information