共創ワークショップ

パートナーオブスターズ株式会社

売り込まずに選ばれるようにする

専門家に聞く「マーケティングとは何か」

代表取締役 星野善宣

共創ワークショップ

ビジネスシーンでよく使われる言葉、マーケティング。社内にマーケティング部という部署を置いている会社も少なくないでしょう。

しかし、社内でマーケティングとは具体的に何をすることなのかが明確に定まっている企業は少ないと思います。会議においてマーケティングに対しての認識が担当者毎に異なっているというケースもあるかもしれません。

そこで今回は、日々当たり前のように使っている「マーケティング」ついて、その本質を専門家の方々に聞いてみました。 今回は、パートナーオブスターズ株式会社 代表取締役の星野善宣さんからの回答をご紹介します。

【ビズテリア経営企画 編集部】

マーケティングとは何か

マーケティングの目的は、自社のサービス/商品をいかに売り込まずに選んでもらえるようにするかです。営業では売り込むことに主眼がおかれるのに対してマーケティングでは選んでもらうことが主眼となります。

このマーケティングを行うためには、ターゲットとなる顧客を定めて、狙った認知を持ってもらうことが必要となります。市場調査、広告対策といったことはもちろんですが、ターゲットに対するブランド構築も含みます。

このようにマーケティングは経営戦略の主軸となるものですが、これからマーケティングに初めて取り組もうとする場合、何から始めたらよいでしょうか。

C-STARと4P戦略

マーケティングの教科書として良く知られているものとして、フィリップ・コトラーのマーケティング理論があります。

当社ではブランドマネジメントフレームワークとしてC-STARというものを用いており、そのなかでもマーケティング部分はコトラー理論の4P戦略の利用おすすめしています。

中小、ベンチャー企業でもわかりやすく、どんな商品サービスでも考える必要性があるためです。そこに考え軸としてブランドコアをフィルターとすることで、ぶれない展開が可能になります。

■この記事についてのお問い合わせ
パートナーオブスターズ株式会社
共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information