共創スクエア

売れるを考えるテリア

オムニチャネル化で拡大する電子決済市場

2014/03/07
共創スクエア


電子決済市場が拡大しています。

ECサイトや店舗でのキャッシュレス化が進展し、電子決済のニーズが世界的に広がっています。
米国イーマーケッターの調査によると、2013年の電子決済の世界市場は1兆3,000億ドルになるとのことです。

また日本での市場も拡大しています。
矢野経済研究所が行った2013年4月~12月の調査によると、
2013年度の日本の電子決済市場は
前年度比9.3%増の約48兆8千億円規模になるとのことです。

このように電子決済市場は世界的に成長していますが、
この背景にあるのは、オムニチャネル(Omni-Channel)という新しいトレンドです。

オムニチャネルとは、全ての(Omni)チャネル(Channel)を融合させるという意味ですが、
最近のビジネスでは販売機会は、店舗、ECサイト、カタログ通販、テレビショッピングなど、
さまざまなチャネルがあります。

これらを融合して、
「ECサイトで見た商品を実店舗に行って確認してから購入する。」
「店舗で見た商品についてスマートフォンを使ってネット上の商品情報にアクセスする。」
など、
顧客が複数のチャネルを行き来してから購入に至るケースが増えています。
これに伴って電子決済市場も拡大しているようです。

このような状況の中で、電子決済サービスにまた1つ新しい動きがありました。

三井住友カードは4日、インターネット決済専用のプリペイドカードを発売すると発表しました。
今回発表したのは、三井住友Visaプリペイドe 。
日本で初めて、
「カード番号の使い切り」と、「同一カード番号でくり返しチャージ」を選択できる
Visaプリペイドカードであることが特徴です。

例えば、ネットショッピング用のカードとして「くり返しチャージ」を使い、
ネットゲームや海外サイトの利用には「カード番号使い切り」を使く等、
用途によって様々な使い方が可能です。



今後、オムニチャネルがさらに広がることで電子決済市場も拡大し、
今回紹介した「三井住友Visaプリペイドe」をはじめ、
様々なサービスが増えて行くと思われます。

関連リンク: 三井住友VISAカード

共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information