共創スクエア

売れるを考えるテリア

吉野家「牛すき鍋膳」 本格的鍋メニューで業績 上方修正

2014/04/05
共創スクエア
吉野家 牛すき鍋膳 新メニューの「牛すき鍋膳」が好調です。

吉野家ホールディングスが4日に発表した業績予想では、平成26年2月期の連結営業利益を21億円に上方修正をしました。

これは牛丼チェーン店「吉野家」で昨年12月から販売を開始した新メニュー「牛すき鍋膳」の販売が好調なためです。

「牛すき鍋膳」は、これまでの吉野家の低価格帯の商品ラインナップとは異なり、
本格的な鍋商品という位置づけで訴求しています。
発売以来、ファミリー層や女性層、シルバー層といった、
吉野家のこれまでの既存客とは異なる層からの支持を取り付け、
2月の段階で700万食を突破するなど、快進撃を続けています。

また、この4月からの消費税8%スタートを機に、
各牛丼商品の価格を10~20円順次値上げすることも発表しています。
これは、消費税の増税分を価格に上乗せするだけでなく、同時に品質の向上を行い、
その分も価格に反映させたためです。

好調の「牛すき鍋膳」も含めて、吉野家ホールディングスでは、
より質の高い商品をプレミアム価格で提供する、
値上げ戦略にシフトしつつあることが垣間見れます。

消費増税開始により、消費が冷え込むことが予想される中、
吉野家ホールディングスのこの戦略が功を奏するかどうかが注目されます。



共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information