共創スクエア

売れるを考えるテリア

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく の堀江貴文さん

2013/11/24
共創スクエア

堀江貴文さんは言わずと知れた時代の寵児。元ライブドアの社長。
その彼が、証券取引法違反で逮捕、実刑判決。そして全てを失った。

ゼロになってしまった。
せっかく、ここまで築き上げてきたものが無に帰してしまった。

そこで堀江さんはどんな気持ちだったのだろう。

不当な判決やメディアからのバッシングに対する怒りだろうか?
それとも築き上げた財産を失った悲しみだろうか?

いや、これまでやってきたことに対する虚しさかもしれない。

それとも、これからの人生に対する絶望や恐怖?

...

しかし、意外なことがこの本の冒頭に書いてありました。

「いま僕の心の中はとても静かだ」


人は必ず失敗するものです。
堀江さんほどの大きな失敗ではないかもしれません。
しかし、それでも、多かれ少なかれ、
人は何らかの失敗を重ねながら生きて行きます。

生きている限り失敗し続けると言っても過言ではありません。

そして、
人は失敗することで学びます。
人は失敗することで気づきます。

失敗した内容が大きければ大きいほど、
本人が受けるショックは相当なものになるはずです。
しかし、その分だけ貴重な何かを学べる可能性があることも確かです。

大失敗をした人だけが学べたこと。
大失敗をした人だけが気づけたこと。

そんなことが、この本のテーマとして流れている様な気がしました。



関連記事: ホリエモン(堀江貴文)の「ゼロ」から学ぶフリービジネス


共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information