共創ワークショップ

株式会社イニシア・コンサルティング

企業変革のためのトータルインナーブランディングその概念と具体例

企業ブランドと競争優位性(第3回)

丹生 光

共創ワークショップ

競争優位性を高めるためにブランドマネジメントを行うことは一般的になったが、とりわけ「トータルインナーブランディング」に注目する企業が急速に増えている。ブランド「を」いくらマネジメントしても企業の本質は変わらない。企業の本質を変革していくには、もう一歩進めてブランド「で」マネジメントする段階まで進める必要があるからだ。
それはブランドアイデンティティーの実践を通じて事業戦略や業務プロセスを変える、あるいは社内の組織変革を行うことなどを意味している。

ブランドアイデンティティーの内容を社員に理解させる研修、冊子配布、社内広報など、狭義のインナーブランディングだけでは不十分だ。ブランド研修を受けてその重要性はわかったが、さて自分は明日から何をしたらよいかわからないという反応がじつに多いのである。
やはり、経営としてブランドを通じて何を目指し、そのために何をやってほしいのか、社員がわかるように明確なメッセージを伝えなければならない。その上で、お客様との全てのコンタクトポイントにおいて、目指す姿の実現に向けてブランドの基準によって日常業務をマネジメントできるようにするための基盤作りに取り組む必要がある。

トータルインナーブランディングの概念は(図1)に掲げた。ブランドを実現するための全てのコンタクトポイントでの日常企業活動をマネジメントする必要がある。では、具体的にはどんな課題に取り組めばよいのだろうか、それを自明的に導出することは難しい。そこで、企業価値を高めるために取り組むべきと考えられる具体的なテーマの例を(図2)に示した。

これらは、それぞれのコンタクトポイントで新しい時代の要請をふまえてブランド価値を高めていくためにふさわしいテーマのいわば最新版のサンプルである。一部の先進的な企業が部分的にせよ、ある程度実践している内容をコンセプト化して集大成したものだ。これを全て企業がそのまま実践することがかならずしもベストとはいえないが、少なくとも皆さんがそれぞれの業界の中の企業価値を一頭地抜きん出たものにするために検討しても良い課題だといえよう。(つづく)
■この記事についてのお問い合わせ
株式会社イニシア・コンサルティング
共創ワークショップ
組織進化の力を引き出す様々な人材開発メニューを紹介
株式会社イニシア・コンサルティング
中期策定にビジョン・ストーリーテリングのすすめ
株式会社イニシア・コンサルティング
ブランドで企業は生まれ変わる
株式会社イニシア・コンサルティング
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information