共創スクエア

経営リスクを考えるテリア

暗号化ソフト SSLに欠陥(ハートブリード) NSA 情報収集に利用

2014/04/12
共創スクエア
インターネット上で広く使われている暗号化ソフト SSLに深刻な欠陥あることが分かり、
ハートブリード(心臓出血)と呼ばれています。

このSSLはSecured Socekt Layerの略称で、ネット上の数多くのサイトにおいて、
閲覧者とサイトの間で送信される情報を暗号化して第3者がこれを、盗んだり、
のぞき見たりすることを防ぐ技術として利用されてきました。

しかし今回、このSSLにハードブリードという欠陥が見つかったことで、
ショッピングサイト、金融機関のサイトなど、
パスワードなどを含む機密性の高い個人情報が漏えいするのではというリスクが認識されるようなりました。

そんな中、ブルームバークの報道によると、
米国家安全保障局(NSA)はこの欠陥を2年前から認知していて、
逆にこのハードブリードを使って、個人情報の収集に活用していたと報じています。

NSAの立場からすると、テロ対策など安全保障上の理由から、
こうした活動を行っていたと主張するだろうと思います。

しかし一方で、2年間もこの深刻な問題が放置されていたということは、
様々なサイト上にある個人情報が既に情報漏えいしている可能性がゼロとは言えなくなりました。

この問題は、日本でも様々な面で問題になってきそうです。


■この記事についてのお問い合わせ
経営リスクを考えるテリア
共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information