共創スクエア

売れるを考えるテリア

超入門 コトラーの「マーケティング・マネジメント」(安部徹也)

2014/01/07
共創スクエア

営業やマーケティングの会議などで良く使われる言葉に、
セグメント、ターゲット、ポジションなどの言葉があります。

「今度の商品はどのセグメントに向けて売り出そうか」
「もう少しターゲットを明確にした方がいいのでは」
「A社の商品とは違うポジションで売り出したいね」

こんな感じで、普通に使っている人も多いのではないでしょうか?

何となく意味をわかっていて使っている言葉ですが、
正確な意味を理解している人は多くないかもしれません。

これらのセグメント、ターゲット、ポジションは、
経済学者フィリップ・コトラー博士が提唱したSTP理論に登場する言葉です。

STPとは、セグメンテーションのS、ターゲティングのT、ポジショニングのPからきています。

マーケティング分野での有名な理論で、
MBAなどの授業では必ず一度はその内容にふれることがあると思います。

普段何気なく使っているこれらの言葉を
改めて、その本質を理解したいと思った時に
是非お勧めしたいのがこちらの本、

超入門 コトラーの「マーケティング・マネジメント」(安部 徹也 著)

です。

営業なり、マーケティングを考えるときには、
何らかのフレームワークがあった方が便利な場合があります。

特に組織としてチームとしてマーケティング戦略を考えていく場合には、
共通の言語としての、何らかの指針があると議論が収斂して行きやすいと思われます。

フィリップ・コトラーの提唱する数々の理論はマーケティング分野での教科書の様な存在ですので、
理解しておくことをお勧めします。

その際この
超入門 コトラーの「マーケティング・マネジメント」(安部 徹也 著)は
コトラーの理論を一通り知っておくためには便利な一冊です。


超入門 コトラーの「マーケティング・マネジメント」


共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information