「働き方改革」社内展開プラン 共創ワークショップ

売れるを考えるテリア

悪中論(上念司)で改めて考えるグローバル経済

2013/11/11
「働き方改革」社内展開プラン 共創ワークショップ
中国ビジネスのリスクが叫ばれています。
尖閣問題や反日デモなど、中国マーケットにおける日本企業のイメージは依然厳しい状況にあります。
日本企業は今後どのようにビジネスを展開していけばいいのでしょうか。

「悪中論 ~中国がいなくても、世界経済はまわる 」(上念司 著)では、
中国の政治・経済にまつわる知られざる内情を紹介した本です。

日本人の私たちには想像を超える内容も書いてあります。
俗に言うチャイナショックというものが本当に起こりうるかについても触れてあります。
これを読めば、中国市場でビジネスをすることのリスクを再認識することができるかも知れません。

しかし問題は、これを踏まえて、私たちは何をするべきかということです。

中国市場から撤退するのか、それでもこの市場に残り続けるのか。

最近では中国撤退をテーマにしたセミナーが頻繁に開催されるようになってきましたが、
10年前はこれとは逆。
中国進出セミナーが盛んに開催されていたのを思い起こします。

10年で状況が一変してしまいます。
ということは、10年後は、また違った状況があるのかもしれません。

どの市場が次は成長するのか、
どの市場はリスクがあるのか、

このようなことを理解することは大事ですが、
あまり振り回されても意味がありません。

経済はどんどん変化し続けるのですから。

チャイナリスク、チャイナショックが叫ばれる今日、
変化し続けるグローバルマーケットの中で、
変わらない軸をしっかり持つことも、一方で大事なことだと改めて思う今日この頃です。



「働き方改革」社内展開プラン 共創ワークショップ
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
「働き方改革」社内展開プラン 共創ワークショップ
特集「経営の可視化」
Information