共創スクエア

売れるを考えるテリア

おせち需要の伊勢エビ高騰 虚偽表示の余波

2013/11/09
共創スクエア
最近、様々な企業での虚偽表示、偽装表示が明るみに出て社会問題となっています。
一度、企業が「虚偽表示」のレッテルを貼られると、企業ブランドは著しく棄損することになります。

これを回避するために、自社内の業務を改めて見直している企業もたくさんあると思います。
しかし一方でこのような社会問題が逆に1つのビジネスチャンスになることもあります。

日経新聞によると、
これまでロブスターを伊勢エビと表記した企業の問題が表面化したことで、
あわてて本物の調達をしようとする動きが加速し、
卸売市場での取引価格がこの問題の発生前に比べて2割上昇したと報じています。

偽装表示をした企業は大きな損失を被った一方で、
そうでない適正な表示をしてきた企業は逆にビジネスチャンスとなっている様です。

コンプライアンスを徹底することは、
ビジネスチャンスにもつながる場合があることを示す、一例だと思います。
共創スクエア
スペシャル・インタビュー
  • 女性活躍の正しい実践とは
  • 人を幸せにする経営
  • 日本の農業を世界に
  • 経営のマインドを取り戻し、将来のビジョンを描く
  • マイナンバー制度 導入に向けた不安に応える
  • 多様性ある社員をやる気にさせる人事制度を
  • 成長戦略にのっとったM&Aとは
  • 事業承継のポイントは、経営理念の確立と浸透
  • バランス・スコアカードで元気な日本的経営を取り戻そう
  • ソーシャルメディアはエンゲージメントを高める所
  • 「困ったこと」のビックデータ解析が、マーケティングの鍵に
  • 机上の空論にならない経営計画
  • 事業承継の最重要課
  • どんな会社でも能動的な営業・販売をすることなく、「顧客の欲求」を動かす事ができる。
  • 変容する中国で生き残る 戦略マップによる経営の可視化を
  • HIT法による業務の可視化
  • 「バズる」ブログ - その運営の裏にある組織風土とは
  • クラウド時代の業務改革
  • 中堅企業が取組む現実的な業務改革とは
  • 日本のベンチャーが世界で活躍する日
  • 組織変革のためのZERO経営とは
  • 組織は劇的に生まれ変わる
  • プロジェクトリーダーの育成
  • コミュニケーション不全を解消し、組織力を高める
  • サプライチェーン・マネジメントと業務改革
「経営に役立つ記事」セレクション
経営で使える 無料小冊子
共創スクエア
特集「経営の可視化」
Information